テレワーク時のセキュリティの再確認を

株式会社エアー 西川 栄修

在宅勤務が常態化することにより、日頃からセキュリティに関して注意していても思わぬ落とし穴にはまる場合もあるなど、より一層の注意が必要となっています。
個人に対する攻撃としては、相変わらずフィッシング詐欺が相次いでおります。一見しただけでは本物のメールと見分けがつかないなど手口が更に巧妙になっていて、現在も変わらず被害が報告されています。
会社を対象としたものでは、テレワークに伴って多くなったWEB会議や会議前の招待メールを狙った攻撃など新たな事象もあるとのことで、注意が必要です。

コロナの影響によりテレワークが継続されると予測されますので、今一度セキュリティの確認や、個々の注意点などを改めてチェックされることが必要だと考えられます。

なお「IPA情報セキュリティ10大脅威2021」に昨年度のセキュリティインシデントの脅威の度合いを「個人・組織」それぞれでランキングを分けて記載した情報がありましたのでご一読いただければと思います。
https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2021.html

総務省のHPにも分かりやすく有用な情報があります。
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/index.html

タイトルとURLをコピーしました