テレワークの方法

株式会社エアー 松元 啓

新型コロナウイルスの感染拡大を機に、在宅勤務(テレワーク)を制度として取り入れられた
企業様は多いことかと思われます。

テレワークの方法は様々ございますが、
総務省による「テレワークセキュリティガイドライン」では
下記6種類のパターンに分類されています。

①リモートデスクトップ方式
②仮想デスクトップ方式
③クラウドアプリ方式
④セキュアブラウザ方式
⑤アプリケーションラッピング方式
⑥会社PCの持ち帰り方式

弊社提供のリモートアクセスサービス『AnyClutch Remote』は
上記の分類では「①リモートデスクトップ方式」にあたりますが、
この方式のメリット・デメリットについて、
同製品の特長と合わせてご紹介させて頂きたいと思います。

●リモートデスクトップ方式とは?

外部端末(自宅PCなど)から社内PCを遠隔操作したり閲覧したりする方式です。
メリットとしては以下が挙げられます。

・社内PC環境をそのまま利用できる

 利用環境が同じなので、社内で実施していた作業をテレワーク環境でも継続して行うことが可能です。

・情報漏えいのリスクが低い

 保存したファイルは社内端末に保存され、端末にデータを残さないようにすることができます。
 このため情報漏洩が起きにくいと考えられます。

・比較的低コストでの導入が可能

 サーバーなどを新たに設置する必要がないため、導入コストが抑えられます。

・導入が簡単

 社内PCに専用のソフトウェアをインストールすることで遠隔操作が可能となります。
 専用サーバーを用意する必要もありません。

デメリットとしては以下が挙げられます。

・社内PCの電源をONにしておく必要がある

 外部端末から社内PCを操作するには、社内PCの電源がONになっている必要があります。
 PCの電源を常時ONにしておくことは望ましくないと考えられますので、
 出社した社員が在宅勤務者のPCの電源を入れるといった対応が必要となります。

 AnyClutch Remoteにおきましては、RemoteWOLを併用すれば遠隔での電源管理が可能となりますので、
 こちらのデメリットについては解消されます。

今回紹介していない②~⑥の方式についても、それぞれメリット・デメリットはございますので、
テレワークシステムの導入に際しましては、テレワーク実施における課題・目的に合ったものを
選定して頂ければと思います。

その結果、弊社サービスをお選び頂ければ幸いです。



Twitterアイコン
コメントはこちらのツイートボタンからお願いします。

>>> テレワークを簡単に実現できるAnyClutch Remoteはこちら

タイトルとURLをコピーしました