AIによるメール判定の盲点?

株式会社エアー 宮地 毅

弊社で開発している「AIによるメール判定システム」にようやく目途がたってきました。

なかなかのシステムと思っていた時にふと、「誤変換が元で AI をすり抜けられないか?」ってことを感じました。

AI というものは、「正しい日本語の正しい文章」を念頭に入れているので、誤変換は盲点?

例えば、私は腱鞘炎の治療のため時折勤務中に一時外出します。

その時、「通院のため、一時外出します。」の一文をメールなどで報告するのですが、なぜか

「痛飲のため、一時外出します。」

… Orz

痛飲するために一時外出するのは、別の治療が必要なものになってしまいますが、文章的にはおかしくはない。

「勤務時間に痛飲はおかしい」という誤変換に気づき、

痛飲 => 通院

に補正できるシステムを今後の課題に挙げています。

他にも個人的なことで弁護士と「調停に持ち込んだ云々」が、

「朝廷に持ち込んだ云々」

私個人の生活では後者はあり得ません。

 

「誤変換によるすり抜けの防止」  なかなか難しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL