会社は社員のメールを見てよいか

株式会社エアー 桑原 亮

弊社の製品であるWISE AuditやWISE 365 Searchは、
社内のメールを検索して監査を実施することができますが、
そもそも会社は社員のメールを見てもよいのでしょうか?

結論から申し上げますと、
過去の裁判事例でも不祥事などの調査のために社員のメールをチェックすることは認められています。

ただし、会社が社員のメールを閲覧する場合があることを就業規則などにきちんと明記し、
事前に従業員の理解を得ているべきです。
また、メールをチェックする権限を持つ社員が個人の興味で社員のメールを閲覧することはプライバシー侵害につながるため、
メールをチェックする側のルール・権限も明確に定め、社員が不当に監視されていると感じないような仕組みづくりも重要です。

メールチェックの権限については、主要な製品であれば設定可能だと思いますので、マニュアルをご参照ください。
弊社のWISE Auditの場合は、グループ設定や一時監査者の設定などを行うことで、
メールチェック可能な対象社員や期間などを細かく設定可能になっております。


Twitterアイコン

コメントはこちらのツイートボタンからお願いします

タイトルとURLをコピーしました