ミスはなぜ起こるのか

株式会社エアー 岩崎 隆弘

人はどのような場合に誤送信のミスを起こすのか考えてみました。一般には経験不足、コミュニケーションエラーや思い込みによるミスが多いのですが、メールの誤送信においては確認すると分かるような単純ミスのケースが多いと思います。例えば以下のようなものがあります。

・慣れによる見過ごし

同じような作業を繰り返していると、人は無意識のうちに効率化を図ろうとします。これにより経験を積むことでスムーズに処理ができるようになります。その点に限れば良い事なのですが、チェック作業は成果物に結果が表れないということもあり、本来行うべき確認作業までもが簡略化されることがあります。そうなるとミスにつながります。

・集中しすぎて周りが見えなくなる

例えば先にメールの本文を書き、難しい文章を書くことばかりに集中していると、書き終えたときに気が緩み宛先の指定などを誤ってしまいがちです。この場合は手順を見直し、宛先の確認や指定を先に済ませておくと良いでしょう。

・焦りによる見落とし

急ぎの要件があると焦りにより日頃の慎重さが失われ、メールを送信する際の確認作業をスキップしてしまう事があります。この場合は、チェックリストを作成するなどで漏れがないようにすると良いかも知れません。

このようなミスはクリック一つで引き起こしてしまう恐れがあります。しかし、人は順調に作業を終わらせてしまいたいという思いがあるもので、大抵は積極的にミスを探そうとしません。
もちろん、ミスを起こしてしまう原因はこれだけではありません。今まで問題がなかったから今のやり方で問題ない、とは考えない方が良いでしょう。各人が置かれた環境の違いや個人差はありますので、どのような状況でどのような心理が働きミスを起こすのかを今一度考え、それぞれに合った対策を立てていく事も大切です。
WISE Alertもそのお手伝いができるのではないかと考えています。

タイトルとURLをコピーしました