コラム

メール誤送信防止

状況起因の誤送信と対策

誤送信はやり取りを行ったお客様に迷惑がかかるだけでなく、自分や自社の信頼低下にも繋がってしまいます。弊社では誤送信防止の製品、サービスを取り扱っておりますので、お客様からどういったケースで誤送信が発生したのか等の背景や内容をお聞きする機会も少なくはありません。
その他

JASA「監査人の警鐘 – 2022年情報セキュリティ十大トレンド」より

コロナ禍により新たな働き方としてテレワークが定着しつつある一方、多様化する業務への迅速な対応と自社のITリソースを補完する為のクラウドサービスの利用拡大などにより、従来の枠を超えたセキュリティの取り組みが必要となりどこから手を付けていくか悩まれているIT部門の方も多いと思います。そういった方への参考として、年初に公表された、JASA(NPO日本セキュリティ監査協会)の「情報セキュリティ監査人が選ぶ2022年の情報セキュリティ十大トレンド」を取り上げたいと思います。
メール誤送信防止

誤送信対策を成功させるコツ

株式会社エアー 平野 虎之介 営業部に所属しており、お客様からよく「メール誤送信対策の運用・管理はどうしたらよいでしょうか?」という質問をいただきます。そこで、誤送信対策をどのようにして実現するか、...
その他

詐欺メールに引っかからないための心得

株式会社エアー 岡田 一 ちょうどコロナ禍の直前くらいから釣りを始めました。小学生ぶりくらいです。直後にコロナ禍が起きてしまったので釣行には行けてなかったりするのですが、息抜きと外の空気を吸うという...
企業リスク

ランサムウェアによる被害が拡大中

株式会社エアー 仙頭 美優 近年様々な情報セキュリティ被害が発生しており、年々手口も巧妙化してきています。そのため、いつ自分が被害者になってしまうかわかりません。 IPA(独立行政法人情報処理推進...
企業リスク

ソーシャルエンジニアリングについて

株式会社エアー 直野 智仁 近年、ハッキングやウィルスといったサイバー攻撃の増加がニュースなどで取り上げられ、様々な企業や団体でシステム上でのセキュリティ対策意識が高まっています。しかし、情報を盗ま...
企業リスク

「メールの無害化」について

株式会社エアー 櫻木 奈津子 情報漏えいやウイルス感染を回避する手段のひとつとして「メールの無害化」があります。メールの無害化とは、受信したメールをユーザーが開く前に安全な形に変更してしまうことです...
メール監査

電子帳簿保存法の改正により求められること

株式会社エアー マーケティンググループ 皆さん、2022年1月1日から施行される* 電子帳簿保存法の改正に向けて、準備はお済みでしょうか。 「電子帳簿保存法」(正式名称:「電子計算機を使用して作成...
その他

スマートフォンのウィルス対策は必要か?

株式会社エアー 中居 亮 もう何年も前から、業務用であってもプライベート用であってもパソコンにウィルス対策ソフトを入れることは当たり前になっているかと思います。しかし、これはパソコンだけの話なのでし...
企業リスク

情報漏洩事故により企業が受ける損失

株式会社エアー 池田 さくら セキュリティ事故は起こさないことが一番ですが、もし万一起きてしまった場合、企業はどんな不利益を被るのでしょうか?IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が公開している「中...
タイトルとURLをコピーしました