法令改正

企業リスク関連ニュース

2021/12/6 デジタル化の遅れにより、領収書を電子保存する電帳法に2年の猶予

企業間取引ではメールで受発注業務を行う場合があります。そのため、電子帳簿保存法の一つの解決策としてメールアーカイブは有効でしょう。
企業リスク関連ニュース

2021/10/25 電帳法、関連部署の5割強が内容を「知らない」という結果に

電子帳簿保存法が2022年1月から施行され、取引に関わる資料の電子保存が義務付けられます。この制度の認知度から見て、全ての企業が間に合うかが懸念されます。メールアーカイブは手っ取り早く対応する一つの解決策になるのではないでしょうか。
メール監査

電子帳簿保存法の改正により求められること

株式会社エアー マーケティンググループ 皆さん、2022年1月1日から施行される* 電子帳簿保存法の改正に向けて、準備はお済みでしょうか。 「電子帳簿保存法」(正式名称:「電子計算機を使用して作成...
タイトルとURLをコピーしました