AIRはこう視る

企業リスク関連ニュース

2021/11/12 建設業界(ナガワ社)へ下請法違反で勧告

おそらく担当者は下請法に抵触すると知らずに取引関係者にメールを送ったと思われますので、コンプライアンス教育が必要かもしれません。しかし、第三者がそのメールを監査することができれば、大事になる前に未然に対処できた可能性もあります。
企業リスク関連ニュース

2021/11/10 官公庁関連団体(公取委)で起きたメール誤送信

うっかり誤送信は誰にでも起きる可能性があります。そして、送る当人が一番ミスに気づきづらいです。それだけに気づきを与えてくれる対策ツールが一番費用対効果が高いでしょう。
企業リスク関連ニュース

2021/11/9 製薬業界(東邦HDのグループ会社など)で談合の疑い

製薬業界は年間の取引額の大きさからか、価格カルテルが絶えません。当事者へのコンプライアンス教育だけでなく、外部とのメールのやり取りを日常的に監査することで、企業の自浄作用を発揮していただきたいです。
企業リスク関連ニュース

2021/11/5 研究業界(産総研)で起きたメール誤送信

BCCに設定せず送ってしまう誤送信が一番多いですが、ツールを導入することで警告画面がポップアップされ、送信前に気づかせてくれることでしょう。
企業リスク関連ニュース

2021/11/4 印刷業界(共同印刷社など)で談合の疑い

社内のメールをアジャイルに監査できる仕組みがあればもっと早く見つけられたでしょうし、リニエンシー制度を活用できたケースもあったかと思います。
企業リスク関連ニュース

2021/11/4 大手IT10社の「PPAP対策」現状

PPAPは悪とされる一方で、まだまだ誤送信対策の一環で導入する企業もあります。私たちは、いずれの場合もソリューションとしての選択肢を準備しております。
企業リスク関連ニュース

2021/10/25 電帳法、関連部署の5割強が内容を「知らない」という結果に

電子帳簿保存法が2022年1月から施行され、取引に関わる資料の電子保存が義務付けられます。この制度の認知度から見て、全ての企業が間に合うかが懸念されます。メールアーカイブは手っ取り早く対応する一つの解決策になるのではないでしょうか。
企業リスク関連ニュース

2021/10/25 官公庁(群馬県)で起きたメール誤送信

よくある「BCCのつもりが…」という うっかり誤送信は、当事者では気づきづらいです。ツール導入で大幅に社員の負荷を軽減できます。
企業リスク関連ニュース

2021/10/23 電機業界(三菱電機社)で起きた不正アクセス

今回の原因はわかりませんが、過去にも不正アクセスがあったかと思います。過去の経験を活かして再発防止の対策をきちんとしていただきたく思います。
企業リスク関連ニュース

2021/10/21 官公庁(群馬県)で起きたメール誤送信

結局、○○したつもり という意識があるので、誤操作に当人では気づかないということです。システムで制御すると、このような事故を絶やせるのではないでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました