AIRはこう視る

企業リスク関連ニュース

2021/10/25 電帳法、関連部署の5割強が内容を「知らない」という結果に

電子帳簿保存法が2022年1月から施行され、取引に関わる資料の電子保存が義務付けられます。この制度の認知度から見て、全ての企業が間に合うかが懸念されます。メールアーカイブは手っ取り早く対応する一つの解決策になるのではないでしょうか。
企業リスク関連ニュース

2021/10/25 官公庁(群馬県)で起きたメール誤送信

よくある「BCCのつもりが…」という うっかり誤送信は、当事者では気づきづらいです。ツール導入で大幅に社員の負荷を軽減できます。
企業リスク関連ニュース

2021/10/23 電機業界(三菱電機社)で起きた不正アクセス

今回の原因はわかりませんが、過去にも不正アクセスがあったかと思います。過去の経験を活かして再発防止の対策をきちんとしていただきたく思います。
企業リスク関連ニュース

2021/10/21 官公庁(群馬県)で起きたメール誤送信

結局、○○したつもり という意識があるので、誤操作に当人では気づかないということです。システムで制御すると、このような事故を絶やせるのではないでしょうか。
企業リスク関連ニュース

2021/10/13 教育業界(JSOL社支援の研究会)で起きたメール誤送信

教育やルールの徹底は必要ですが、人によるミスはどうしても発生してしまいます。その前提でシステムを構築し、社員の負荷を軽減させてください。
企業リスク関連ニュース

2021/10/11 日米の比較調査で明らかになったDXの現状

コロナ禍で広がったといわれるテレワークの普及率をみても、日本のDXは欧米と比べると遅れています。実際にテレワークして初めて、デジタル化できていない事実を認識させられ、さらにDXを行うための組織体制もできていない現実に愕然とした企業も多いのではないでしょうか。
企業リスク関連ニュース

2021/10/11 医薬品業界(科研製薬社)で起きたメール誤送信

正しい添付ファイルか否かを複数人で確認しても、なかなか誤送信は無くならないと思います。DXが叫ばれる昨今、テレワークを余儀なくされる環境では、システム的に気づきを与えてくれるツールを導入することが一番効果的です。
企業リスク関連ニュース

2021/10/10 エネルギー業界(TOKAIHD子会社)で計約5億4千万円の着服

従業員が不正を行う場合、動機があって不正を行う機会が加わることで発生します。これからは、その動機が醸成される過程を見つけられるような監査のDXが求められるでしょう。
企業リスク関連ニュース

2021/10/09 教育業界(日本大学)で資金流出工作の疑い

電子メールは相手の都合を考えず送ることができ、相手も自分の都合で受信できますので、今の時代に適したコミュニケーションツールです。したがって、良くも悪くも証拠が残りますことをご認識ください。
企業リスク関連ニュース

2021/10/05 エネルギー業界(中部電力社など)でカルテルの疑い

カルテルは協定を結ぶ企業間で必ず連絡を取り合いますので、メールで証拠が残ることが多いです。内部監査の必要性を感じます。
タイトルとURLをコピーしました