企業リスク関連ニュース

2022/4/25 官公庁(大阪市生野区)で起きたメール誤送信

メール誤送信をしてしまってから半年も経たない間に再びメール誤送信が起きてしまいました。誤送信対策に手間ばかりがかかってしまうのは現実的ではありません。送信者だけでなく関係者の業務効率も落とさない誤送信防止対策が必要です。
企業リスク関連ニュース

2022/4/14 インフラ業界(ガスパル中国社)で起きたメール誤送信

緊急時対応をしている事業者宛てのメールで起きた誤送信ということですので、メールをやり取りしているときはきっと通常業務の落ち着いた状態では無かったのでしょう。急いでメールを送るときには時間的・心理的にも余裕がなくなるため、うっかりのメール誤送信が起きやすいと考えられます。
企業リスク関連ニュース

2022/4/14 官公庁(千葉県千葉市)で起きたメール誤送信

BCCのつもりが宛先をCCで送信してしまったメール誤送信です。再発防止策の一つには自動的に宛先をBCCにするシステムを使用することがあげられています。メール誤送信は気を付けていても起きてしまうものですので、これはシステムを活用した有効な対策と言えるでしょう。
企業リスク関連ニュース

2022/4/12 メーカー業界(住友ゴム工業社)で起きたメール誤送信

手作業の工程を追加したことがメール誤送信の原因になったようです。いつもと違う方法で送信するとき、ミスが発生しやすくなります。作業の自動化はもちろん、宛先チェックにおいてもシステムを活用することで業務負荷を軽減しながら誤送信対策ができます。
企業リスク関連ニュース

2022/4/6 官公庁(デジタル庁)で起きたメール誤送信

デジタル庁のメール誤送信が続けて発生しています。今回は業務委託先での事故ですが、先日と同様、多数の問い合わせに対しメールで対応を行う部署でした。複数人でチェックする体制をとっていても人間ですからどうしても見逃しが起きてします。ツールやシステムを使って、人の目が届きにくい部分をカバーすることで誤送信のミスは減らせるのではと思っています。
企業リスク関連ニュース

2022/4/1 官公庁(デジタル庁)で起きたメール誤送信

デジタル庁の"BCCのつもりが"誤送信は2021年末にも起きていました。(参考:「2021/11/24 官公庁(デジタル庁)で起きたメール誤送信」) 4月は新体制・新組織での対応となり、ヒューマンエラー3Hのうち、「初めて」「変更」に該当する場面も多いのではないでしょうか。新年度はミスが起きやすい時期と考えられます。組織や担当が変更されることも考慮されたメール誤送信対策ができると良いでしょう。
企業リスク関連ニュース

2022/4/1 金融業界(資産運用会社)で起きたメール誤送信

発生の原因はよくわかりませんが、一般的に厳重なセキュリティポリシーを運用していることで知られている金融業界でも人的なミスでメールの誤送信は起こってしまいます。個人情報を含んだメールを社外に送る際には上長の承認フローを強化する等、今後の再発防止に努めてもらいたいです。
企業リスク関連ニュース

2022/3/11 官公庁・公社・団体業界(内閣官房の内閣人事局)で起きたメール誤送信

宛先のメールアドレスをBCCに入力しようとして、誤ってTOにしたことで誤送信になったそうです。人的ミスは完全には防げないと言われています。もしミスを起こしても、気づいたときに後からリカバリーできる仕組みを取り入れることも有効かと思います。
企業リスク関連ニュース

2022/2/24 官公庁・公社・団体業界(福岡県)で起きたメール誤送信

“ドッペルゲンガードメイン”への誤送信です。サービスによりますが、ドメインはお金を出せば取得できます。悪意ある第三者が実在するものとよく似たドメインを取得し、こうしたケースで情報を入手したりするため待ち構えているそうです。 こちらのコラムでより細かく触れていますのでご覧ください。
企業リスク関連ニュース

2022/2/18 官公庁・公社・団体(香川県)で起きたメール誤送信

送付予定ではないメールアドレスに送ってしまったこと、そしてBccではなくToにメールアドレスを入れて送信してしまったこと、この2つのミスが重なったメール誤送信です。運用ルールの徹底や誤送信防止ツールの利用など、具体的な再発防止策を講じて再発防止に努めていただきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました