企業リスク関連ニュース





メールからの情報漏えいや標的型攻撃のニュース、メールがらみのカルテル・談合・不正会計・贈収賄事件ニュース、さらに法制度の改正などのトピックスを「最近のニュース」に随時掲載していきます。
過去のニュースはサイドメニューのカテゴリ別ニュースアーカイブをご覧ください。

「AIRはこう視る」執筆者のプロフィール

担当者:AIRに入り数年が経った。「メールと企業リスク」サイトの情報更新を担当していて、企業リスクに対してどんな取り組みが求められているのか、日々勉強中。最近では企業リスクに関連したニュースを集めることが日課となっている。

編集長:「担当者」の上司にあたる。長きにわたりAIRに籍を置き、過去には営業として大企業から中小企業まで幅広くソリューション提案した経験がある。最近ではAIを活用した企業リスク対策に関心を寄せている。

最近のニュース/AIRはこう視る

企業リスク関連ニュース

2022/5/7 インフラ業界(日本製鋼所の子会社)で起きた品質検査不正

製造業での品質不正が後を絶ちません。共通していることの一つには、長期にわたって行われていることがあげられるでしょうか。
企業リスク関連ニュース

2022/5/6 インフラ業界(出光興産の子会社)で起きた品質検査不正

検査不正が発覚した企業から、不正はあったものの品質には問題がないといった声明が出されることがよくあります。ただ今回は法令で定められた検査となっていなかったそうですので、本当に品質に影響が出ていないか精査する必要があるのではないでしょうか。
企業リスク関連ニュース

2022/4/29 メーカー業界(神東塗料社)で起きた品質不正

1月に発覚した水道管塗料の不正事件の調査報告書が公表されました。 上司や経営者層が不正に関与している場合、発覚には時間がかかりその被害額も大きくなります。トップの不正にも強い内部通報制度の構築がとても重要のように感じます。
企業リスク関連ニュース

2022/4/28 官公庁(厚生労働省の委託先)で起きたEmotet被害

Emotetが再流行しています。一度鎮静化したことが油断を招いているのかもしれません。たった一人の感染でも甚大な被害が出ますので、企業から社員にむけて再度注意を促すような告知をされるのもよいかと思います。
企業リスク関連ニュース

2022/4/27 2021年度の不適切会計、最多は製造業

以前にもこの調査を取り上げましたが、最新の数字が発表されました。今なおノルマへのプレッシャーが原因で不正会計に繋がったケースが多いようです。不正の芽を早期に発見し、監査担当の負担を軽減できるような監査フローの見直しが望ましいように思います。
企業リスク関連ニュース

2022/4/25 官公庁(大阪市生野区)で起きたメール誤送信

メール誤送信をしてしまってから半年も経たない間に再びメール誤送信が起きてしまいました。誤送信対策に手間ばかりがかかってしまうのは現実的ではありません。送信者だけでなく関係者の業務効率も落とさない誤送信防止対策が必要です。
企業リスク関連ニュース

2022/4/20 メーカー業界(三菱電機社)で起きた品質不正

重なる不正の判明で調査委員会の全社調査期間が延長となりました。各事業部門の独立性が強い企業では、本社や他の部門の目も届きません。こういった縦割りが強い企業こそ平時の内部監査を行い、不正の芽を摘み取っていく必要があるように思います。
企業リスク関連ニュース

2022/4/20 官公庁・公社・団体業界(経産省の委託先)で起きたEmotet被害

経済産業省の業務委託先でEmotetの感染被害が発生しました。メールアドレスだけでも9万件以上が外部に流出した可能性があるようです。 年々不審なメールは巧妙となっており、PPAP方式が広がっていたことも加わって被害件数が増えてきています。迷惑メールに気づくためには、社員一人一人のセキュリティ意識の向上と疑いのきっかけを与えるツールの導入が対策として有効なのだと思います。
企業リスク関連ニュース

2022/4/19 小売業界(ダイコク社)で独占禁止法違反の疑い

独占禁止法のうち、優先的地位の乱用の疑いで調査が進められています。2018年にもドラッグストア業界で同じ疑いで調査されています。参考:「ドラッグ店のゲンキー立ち入り検査 地位乱用の疑い 公取委」日本経済新聞
企業リスク関連ニュース

2022/4/14 インフラ業界(ガスパル中国社)で起きたメール誤送信

緊急時対応をしている事業者宛てのメールで起きた誤送信ということですので、メールをやり取りしているときはきっと通常業務の落ち着いた状態では無かったのでしょう。急いでメールを送るときには時間的・心理的にも余裕がなくなるため、うっかりのメール誤送信が起きやすいと考えられます。
タイトルとURLをコピーしました