長期休暇に潜む企業リスク

株式会社エアー 西川 栄修

各人が、セキュリティ対策での注意事項には日々気を配りながら仕事をされていることと思います。

8月になり夏休み・お盆休みと呼び方はいろいろありますが、
長期休暇の時期になり、休暇も一斉に、または、交代でと取得方法も様々です。
情報処理通信機構(IPA)に、「長期休暇における情報セキュリティ対策」と利用者ごとの内容での情報がありましたので参考になればと思い紹介します。

https://www.ipa.go.jp/security/measures/vacation.html

長期休暇の時期は、「システム管理者が長期間不在になる」、「友人や家族と旅行に出かける」等、いつもとは違う状況になりやすく、
ウイルス感染や不正アクセス等の被害が発生した場合に対処が遅れてしまったり、SNSへの書き込み内容から思わぬ被害が発生したり、
場合によっては関係者に対して被害が及ぶ可能性があります。
このような事態とならないための対策が紹介されています。

「組織のシステム管理者向け」
「組織の利用者向け」
「家庭の利用者向け」
があります。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました