Emotet

企業リスク関連ニュース

2022/7/21 教育業界(愛媛大)で起きたEmotet被害

個人端末のEmotet被害です。1アカウントの情報窃取でしたが、そこから1700件のメールが送信されてしまいました。再発防止もアクセス制限をかけたりと迅速な対応を行っていますので、是非参考にしていただけたらと思います。
企業リスク

マルウェア「Emotet」に感染した企業一覧(2022年4月~6月)

本サイトでは以前、2022年1月から2022年3月上旬までに、Emotetに感染したと報告があった企業をまとめたコラムをご紹介しました。その後も残念ながらEmotetの被害は続いています。今回は2022年4月から6月までの3か月間でEmotetに感染したと報告があった企業をまとめました。受信ボックスの中に以下に類似のドメインからメールは届いていないでしょうか?
企業リスク関連ニュース

2022/7/1 IT業界(NTTデータ関西社)で起きたEmotet被害

Emotetに感染した当初は、感染源となったファイルがアンチウイルスソフトをくぐり抜けていたようです。Emotetに感染したPCから送信された不審なメールの例も案内されています。
情報漏えい

2022/6/2 教育業界(京大大学院)で起きたEmotet被害

再度、猛威を奮っているEmotetにご注意ください。マルウェアは日々進化し、巧妙になっています。Emotetの脅威は今後も続くことが予想されるため、効果的なセキュリティ対策を行っていく必要があるでしょう。
企業リスク関連ニュース

2022/5/18 メールによるサイバー攻撃が世界的に急増中

昨年秋ごろから、フィッシングメールが急増しているとの報告です。日本語文面が流暢だったりメールアドレスの判別もしづらくなっているため受信者が気づくのが難しくなっています。弊社製品を含め、受信時に警告を与えるツールもありますので被害防止のための対策をお勧めしたいと思います。
企業リスク関連ニュース

2022/4/28 官公庁(厚生労働省の委託先)で起きたEmotet被害

Emotetが再流行しています。一度鎮静化したことが油断を招いているのかもしれません。たった一人の感染でも甚大な被害が出ますので、企業から社員にむけて再度注意を促すような告知をされるのもよいかと思います。
企業リスク関連ニュース

2022/4/20 官公庁・公社・団体業界(経産省の委託先)で起きたEmotet被害

経済産業省の業務委託先でEmotetの感染被害が発生しました。メールアドレスだけでも9万件以上が外部に流出した可能性があるようです。 年々不審なメールは巧妙となっており、PPAP方式が広がっていたことも加わって被害件数が増えてきています。迷惑メールに気づくためには、社員一人一人のセキュリティ意識の向上と疑いのきっかけを与えるツールの導入が対策として有効なのだと思います。
企業リスク

マルウェア「Emotet」に感染した企業一覧(2022年1月~3月上旬)

メールを悪用して攻撃を行うマルウェア「Emotet」の被害報告が2022年に入ってから急増しています。Emotetの特徴の一つには、偽アドレスを使って正規のメールへの返信を装ったり、メールにURLやZIPファイルのほか、WordやExcelファイルを添付して誘導したりなどする巧妙な攻撃手口が挙げられます。 Emotetに感染するとPCの情報が窃取され、感染をさらに拡大するようなメールが多く送付されてしまう可能性があります。被害報告が急増していることから、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)からも注意喚起が出されています。 今回は2022年1月から2022年3月上旬までに、Emotetに感染したと報告があった企業をまとめました。受信ボックスの中に以下に類似のドメインからメールは届いていないでしょうか?
企業リスク関連ニュース

2022/3/9 官公庁・公社・団体業界(理化学研究所)で起きたEmotet被害

Emotetに感染したPCからは偽のドメインを使った攻撃メールが配信されます。受信ボックスの中にドメインが"いつもと違う"メールが入っていたら要注意です。URLやZIPファイルは開かないようにしましょう。 WISE Alertを使えばZIPファイルが添付されているメールを受信したときに警告表示したり、返信しようとしているメールがいつもと同じドメインかどうか、カラーサイン機能を使って一目で確認ができます。
企業リスク関連ニュース

2022/3/8 IT業界(NTT西日本)で起きたEmotet被害

従業員に届いたメールの添付ファイルから感染しました。流出した情報の詳細はわかっていませんが、感染したPCで行ったメール送受信先の情報が盗まれた可能性があります。 不審な圧縮ファイルやマクロが仕組まれたExcelファイルは、例えよく知る業務関係者から届いたとしてもすぐに開かず、送信者のメールアドレスに間違いはないか、再確認しましょう。マルウェア対策ソフトや受信時に疑いの「気づき」を与えてくれるWISE Alertもおススメです。
タイトルとURLをコピーしました